染み抜きだけでは不可能なお着物を染色補正によって鮮やかに蘇らせる匠の技術をご紹介します。

ご依頼のあったお着物『人間国宝 森口華弘』の作品です。
主襟の先と袖口の裏にしみがあり、以前に他店でしみ抜きされた時に十分洗浄が出来ておらず、薬品が残っている部分のみが経時変化で黄色く変色しており、糸も弱っていきているものでした。


他店で数年前染み抜きを行い、経時変化によって変色していると診断。
しみ抜きだけでは不可能な為、染色補正を行うことになります。
きものを解き、洗浄後反物状態(洗い張り)にして蒔糊を別の形で作って
染料をかけるという非常に難しい染色補正の作業となります。
しみの部分に薬品を付け黄変を抜いていきます。

黄変は抜く度に薄くなってきますが、古いしみなので生地が耐えられず
ボロボロになってしまうので、途中で止め黄変が残っている部分をできるだけ抑え、調整しながら色を入れて行く作業を繰り返し行います。



しみ抜きだけでは元に戻らない・・・など諦めていたお着物も
匠の技 染色補正の技術で鮮やかに蘇らせることが可能です!
他店より修復不可能と断られ何とかしてほしい!
そのようなお着物ございましたら是非お任せください!





  • ▼スマートフォンから電話を掛ける▼
  • 075-823-7711に電話する
  • 【営業時間】9:30〜18:00
  • 【送り先】〒600-8387 京都市下京区高辻大宮町123 モンテベルデ壬生ビル2階