塩素系漂白剤に気を付けて!

皆さんのご家庭では、どのような漂白剤を使用されていますか? 水色のボトルや、クリーム色のボトルが思い浮かびましたか?

 

では、その漂白剤は、塩素系ですか? 酸素系ですか? 

 

何のこと?! と思われた方は、そのボトルの成分表示など、ラベルをよく見てみて下さい。どこかに必ず書いてあります。 そこに「まぜるな危険」と書かれていたら、きっとそれは塩素系漂白剤です。

 

そして、着物のしみ抜きの仕事では、この塩素系漂白剤は使用しません。 ですから漂白剤と聞いて、私たちの頭に思い浮かぶのは、酸素系漂白剤。 又は、還元漂白剤なんです。

 

少し整理しますね。以下のような分類になっています。

 

漂白の仕組み

  • 還元漂白

  酸素を奪って色素を除去

 

  • 酸化漂白

   酸素と結合させて色素を除去 → ・塩素系漂白剤

                   ・酸素系漂白剤

漂白剤

 

化学ですね(笑)

 

塩素系と酸素系はどちらも酸化漂白剤ですが、塩素系は絹や毛などの天然繊維には使用できませんし、色柄物にも使えません。白い綿であったとしても、繊維を痛めてしまいます。

除菌や消毒という意味においての「漂白剤」で、着物のシミを抜いて、補正して元に戻すという意味においての「漂白剤」とは異なります。 

特に絹にとって、塩素は大敵です。何かの拍子に誤って付着したら、当然色は抜けますし、生地も傷んで本来の色補正ができなくなります。 色が入らなくなるんですね。 これは他の生地でも同様です。 絹の場合、白地であっても黄色く変色してしまい、戻らなくなります。 たとえシミが抜けて白くなっても、生地がボロボロになったのでは本末転倒です。

私たちは、しみ抜き作業に使う水も、塩素を抜いた水を使用しているくらい、塩素には神経を使っています。

 

ご家庭で除菌や消毒のために、塩素系漂白剤を使用される際は、くれぐれもご注意下さいね。 特に衣類の漂白は、しみ抜きの技術を持った専門店にご相談下さい。

 

 

 

#漂白剤

#塩素系漂白剤

#酸素系漂白剤

#着物のお直し

#しるくらんど